WEBサイト構築

サイトの目的はなんですか

「お店のホームページ作ってみたいんです」

最初はこんな漠然とした、ご依頼が多いです。

ここで「では、このデザイナーを起用して、このページ数でこの御見積でいかがでしょう」と
申し上げることは可能です。

実際、以前は、そのような流れで仕事を頂いておりました。

ですが、ここ数年は最初にワンステップ入れさせて頂いております。

「サイトの目的はなんでしょうか」

多様化するサイト構築に潜む罠

テキスト+写真でファイルサイズを気にして制作していた時代から僅か数年。
いまやwebに利用できる素材は“なんでもあり”の時代となりました。

見目麗しいデザインにFlashムービーを貼り込んでAjaxで、さらにphpで
DBにアクセスしてリアルタイムな情報も盛り込んで…流行のTwitterも
トップに表示して動画も埋め込んで…などなどアイデアは無限大。

すなわち、かけようと思えばいくらでもコストをかけることができます。
ここに陥りやすい罠があります。

その美しく多機能なサイトは本当に見てもらえていますか。

「ホームページ作ったけど金ばっかりかかって、ちっとも反応がないよ」

仕事柄そんな話をよく耳にします。
拝見すれば、綺麗によく出来たサイトなので、ご担当の方に伺ってみます。

「月間のページビューはどれくらいでしょう」

「ページビュー」の部分はサイトの内容から判断して「ユニークユーザ」や
「コンバージョン」という言葉を使うこともありますが、この質問を受けて
クライアントが「?」となるようでは、これは明らかに制作側の怠慢です。

サイトからの収益にノルマを設定した上で、管理・更新の全てを外部に
委託しているというであれば、クライアントがこうした言葉に過敏になる
必要はありませんが、私の知る限りでは「ただ確実に稼いでくるサイト」を
外注で管理・運営できる業者は存在しません。

自己満足なサイト制作

とにかく制作すれば仕事完了という業者にホームページ制作を依頼した場合。

過剰な装飾を施して制作費を吊り上げ、クライアントが分からないのを良いことに
口八丁で説得し高額な作業費を請求して、あとは知らぬ存ぜぬ。

個人事業主様のサイトなどの場合は、クライアントが自らメールやハガキで知り合いに
URLを知らせてお仲間内だけで閲覧してもらうというような事態を引き起こします。
これでは完全な自己満足です。

巨大掲示板「2ちゃんねる」のユーザは別に見栄えがよかろうとわるかろうと書き込みますし
ネットで気に入った商品を手頃な価格で見つけた人が「サイトの見栄えが悪いから」という
理由で購入を見合わせることもほぼありません。

求められる機能と情報を備えていれば、まずは事足りるのです。
期間限定のキャンペーンサイトなどであればともかくとして、永く運営していこうという サイト
であれば、最初から完成系よりも必要に駆られたり少し余裕が出たときにリニューアルをするのが
コストパフォーマンスの面で見ても正解なのです。

ユーザビリティを第一に考えなければ、誰にもアクセスされないデータがインターネットの海に
埋もれているだけであるということを、まずは理解しなければいけません。

そして「業務」としてサイト制作をするのであれば、そうしたことをきちんと
クライアントに説明した上で、どのように管理・運営していくかまでを総合的に
アドバイスする義務があるのです。

SEOに偏重したサイト制作

ここでよく勘違いされるのですが、「とにかくアクセス数を増やすこと」が
重要なのではありません。
SEO(Search Engine Optimization)という言葉が市民権を得て久しいですが
これも度を過ぎると弊害を生みます。

間違ったSEOも枚挙にいとまがないのですが、例としてわかりやすいものを挙げると
オークションサイトなどで全然関係ないワードを「検索用」として商品紹介に
入れ込んでいるものなどが該当します。
これがたとえば「ある人気俳優が無名の頃にちょっとだけ出ている映画」などであれば
その名前を「検索用」として入れ込むのは親切かもしれませんが、ひどいときには
「○○○などが好きな方におすすめです」とか「×××にも似ています」など書き込んで
無理矢理検索結果に入れ込もうとします。

関係ないワードを背景色と同化させて大量に記載するなどという非常識な手段が
平然と用いられていることもありました。

検索した人はとりあえずその商品やページを見るかもしれません。
アクセス数は上がることでしょう。

でも、そこに検索したのと関係ない商品が表示されたら不快感を与えるだけです。
たとえ商品がよくても「この店では買うものか」と思われてしまう危険があります。

サーチエンジン側も検索結果の有用性が売りですので日々進化を続けておりますが
残念ながらこのような裏技的SEOとのいたちごっこが長年続いてしまっております。
そのため、このような手段でアクセス数だけを稼ぐ【SEO業者】も数多く存在するのが現状です。

業者にお金を払って顧客に嫌われたのでは目も当てられません。

戦略にあったサイト構築をご提案いたします

アクアバーゴは、激しい変化・進化を遂げるインターネット業界で十数年以上サイト構築に
携わってきた経験を活かし『クライアントにもユーザにもやさしいサイト作り』を提唱します。

クライアントさえ気に入ってくれれば制作完了ではなく多くのユーザとサイトを繋げることが
Webサイトを構築するということであると考えます。

同時に、興味のない不特定多数のユーザを集客するべきではないと考えています。

【興味を持ってアクセスしてくれたユーザに商品やサービスを知ってもらい気に入ってもらう】

それこそが、わざわざコストをかけてサイトを構築する目的ではないでしょうか。

テキストと写真を貼り込めば出来上がるホームページで報酬は頂けません。
実際、ある程度知識のある若い方にはご自身で作成してみるようにお勧めしたケースもありました。
「とりあえず関係者だけで共有したいというサイトを業者に委託して制作する必要はありません。
まずはご自身で簡単なものを作成してみて必要に応じて改めてご相談下さい」と。

先述のように、そうした個人サイトであってもユニークなコンテンツを提供していれば
ある程度勝手に検索でヒットするものなのです。

あなたは、あなたのサイトになにを求めますか。

まずはそれをお伺いした上で、

初期費用にどれくらいをかけるか
月額コストをどれくらいで抑えるか
どのくらい利用を達成したらリニューアルをかけていくか

企画・計画の段階からパートナーとして関わらせて頂ければ幸いです。

お問い合わせはこちらからお願い申し上げます。


お問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力後、確認ボタンを押してください。

■お名前 お名前を入力して下さい。※必須
■お電話番号(半角)
■ご住所(訪問サポートご希望の場合は必須)
■メールアドレス(半角) メールアドレスを入力して下さい。無効な電子メールアドレスです。※必須
■サイトを知ったきっかけ チラシ 友人・知人 検索エンジン
■お問い合わせ内容